保湿力のあるニキビケア洗顔を選ぶときの注意点

 

化粧水は保湿機能もさることながら、清浄や引き締めの機能にこだわって選びましょう。洗顔
後の肌をすっきりふきとり、さらっとした状態に整えるのが目的です。乳液やクリームは、本
来、適度な油分で肌を覆って保護するのに必要なアイテムですが、ニキビができた肌にはこれも
オイルフリーのものやコメドを誘発しにくい油で構成されたものを選択。仕上げは紫外線吸収剤
フリーでUVカット効果のあるものを。また、最近では、皮脂コントロール効果のあるアイテム
にも優秀なものがたくさん出てきているので、試してみるのもいいでしょう。
洗い過ぎやゴシゴシ洗いは厳禁
炎症を起こしたニキビがある肌は敏感。皮脂を落とそうと、洗顔の回数をむやみに増やした
り、思春期の男の子が使うような脱脂力が強い洗顔料を使う行為は、逆に肌にダメージを与えて
しまいかねません。患者さんでよく、頬骨の高い部分が乾燥してカサカサになったり、赤くデリ
ケートになっている方がいます。この部分は比較的皮脂が少ないのに、つい念入りに洗い過ぎ
て、必要以上にうるおいが奪われてしまっているのです。
洗顔は、顔全体を濡らしてから洗顔料をよく泡立てて、きめ細かな泡で肌を包むようにやさし
く洗うのがコツ。脂っぼくなりやすいTゾーンを中心に洗いましょう。泡立ちにくい場合は、泡
2 -○のキーワードでニキビができにくい肌に
立て用のネットやスポンジを使うと簡単です。なじませた泡が汚れや皮脂を包み込んで肌からは
がしとってくれるので、強くこする必要はありません。間違っても、乾いた顔に泡をのせたり、
ゴシゴシカを入れて縦に顔をこするような乱暴な洗い方をしないこと。強い刺激はニキビを悪化
させる原因にもなります。ニキビのある肌はデリケート。乱暴で、無神経な扱いは厳禁です。
ファンデーションをつけている場合、夜はダブルクレンジングが基本となります。クレンジン
グ料は、低刺激でかつ汚れを確実に落とすものを選びましょう。また、肌を強くこすってしまう
可能性があるふきとリタイプではなく、洗い流すタイプを選ぶことも大事です。私は、メイクに
なじみやすく、洗い流しやすい、乳液状やオイルタイプのノンコメドジェニックのものをすすめ
ています。


このページの先頭へ戻る