背中にきびを刺激を与えずに洗う方法

背中のニキビにも洗い過ぎは禁物

皮脂と汗のコンピは最強最悪。即刻とりさって代謝を高めるために、運動などで汗をかくのはいいことですが、皮脂の分泌も同時に高まりま
すじ汗は肌を刺激します。汗の成分である尿素と塩分が刺激となるわけです。これは顔ばかりで
なく、からだに関しても言えること。汗はこまめにふきとる、または、早めにさっと洗ってニキ
ビを予防しましょう。
メイクのスポンジやパフ、プラシを清潔に保つ
ファンデーションのスポンジやパウダーのパフ、メイクブラシなどは直接肌に触れるもの。汚
れたまま使い続けると雑菌が繁殖し、肌への刺激となります。汚れが目立ってきたら、中性洗剤
を溶かしたぬるま湯で押し洗いや振り洗いをし、日陰の通気性のよい場所で十分に乾かしてから
使いましょう。
ボディの洗い過ぎや化織のタオルは避ける
夏など、皮脂の分泌が過剰になっているとき、からだの清潔を保つためにまめにシャワーを浴
びたり、入浴をするのはいいことです。ただし、ニキビがある部分をゴシゴシ洗うのは、洗顔の
場合と同じく刺激が強過ぎるので避けましょう。また、薬用の殺菌作用のある石けんも、肌をカ
サつかせてしまう可能性があるので避けたほうがいいでしょう。
ただ、ボディのニキビは意外に頑固。ニキビに刺激は禁物といっても、アトピー用の低刺激石
けんなどでは洗浄力が弱く、過剰な皮脂を落とすことができません。低刺激ではあっても、きちんとした洗浄力があるものを選
びましょう。固形石けんでもボ
デイシャンプーでも、形状は間
いません。よく泡立てれば、泡
の力で皮脂や汚れは十分落ちま
す。タオルは摩擦が強い化繊で
なく、天然繊維のものを選ん
で、やさしく洗うこと。
私は患者さんに、石けんでか
らだ全体を洗ったあと、マイルドなピーリング効果のある洗浄剤で皮脂分泌の多い胸元と背中だけをさらに洗い、入浴後に消炎
効果のある保護クリームをつけるよう指導しています。ニキビ痕が残りにくく、意外に有効な方
法です。


このページの先頭へ戻る